F.I.B JOURNAL DUO ×
青柳拓次+田尻有太

EVERYBODY KNOWS, NOBODY KNOWS
BLIND ALLEY
リリース記念ライブ

2020.10.22 thu
at 青山 月見ル君想フ

OPEN 18:30 START 19:30
来場 ¥3,000 配信 ¥1,500
※11.01に行われる公演とのセット販売あり、
詳しくは下記リンク先をご覧ください。

Ticket

F.I.B JOURNALライブの10.22と11.01にご来場の下にセット販売を行うことになりました。以下のサイトにまとめましたのでリンクをご覧ください。

Message

スポークンワーズにとりつかれた人生が妙に、腑に落ちました。
今回、旧友のLittle Creaturesの青柳拓次をギターとエデットで、初めてちゃんと自分の作品にお招きした。
彼こそ、横浜のストリートで演奏したりタギングしている、若い自分を見出してくれた人です。
エレピの田尻有太は、ドラムの沼直也がF.I.B JOURNALともう一つ活動している、ショーロ・クラブの沢田譲治率いるトリオのメンバー
人生という視点で見ると、
今までの這って音楽を続けて来た経験の全ては、このコロナ禍を乗り越えるためにあったようにあった気さえします。
生きるってのは思考すること。燃やすように思考を繰り返していたら、新しい曲が生まれました。

F.I.B JOURNAL 山崎円城

About

山崎円城が2003年に立ち上げたF.I.B JOURNAL。
http://fib-journal.net/
コントラバスとドラムのセッションを基調とし、その上にスポークンワーズが絡む独特なスタイルは、ポエトリー・ジャズ、あるいはジャズ・パンクとも称され、観る者、聴く者を魅了してきた。

Member

F.I.B JOURNAL DUO 山崎円城(Vo+G) 沼直也(Dr) 青柳拓次 (G) 田尻有太 (Key)

Access

Contact